PROFILE   阪  清 和  Kiyokazu Saka

1959年、大阪市生まれ。関西学院大学を卒業後、共同通信社に入社。情報企画局、宮崎支局、神戸支局、名古屋支社編集部を経て、1996年から東京本社文化部。放送、音楽、大阪文化部(宝塚歌劇、お笑い、文楽)、放送、漫画、IT、演劇などの各ジャンルを担当。内外の第一線の俳優、演出家、映画監督、劇作家、脚本家、映画人、プロデューサー、アナウンサー、歌手、アイドル、タレント、芸人、作詞家、作曲家、ミュージシャン、シンガー・ソングライター、クリエーター、漫画家、WEBアーティストら2000人近くにインタビュー。毎年新年特別紙面向け大型グラビアのプロデュース・取材も多数担当。アイドルから巨匠まで幅広い表現者を追跡した。2013年秋、共同通信社を退社して、映画、演劇、テレビドラマ、音楽、漫画、現代アート、WEBカルチャーなどを中心としたエンターテインメント全般を主な守備範囲とするフリーのエンタメ批評家、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、MCとして独立した。エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」を連載中で、ブロガーとしても活動している。初の著書を2014年に向けて準備中。東京都在住。(さらに下に続く)

記者時代は、1987~88年、宮崎放送(MRT)でラジオのレギュラーリポーターを務めたほか、1997~99年、テレビ誌でドラマ批評コラムを連載。1998~2000年は日本レコード大賞の審査員、2001~2002年は上方漫才大賞の審査員、2003~2004年はATP全日本テレビ番組製作社連盟のATP賞テレビ記者賞とFNSドキュメンタリー大賞の審査員を務めた。2008~2011年はミュージカルベストテンの投票審査員、2008~2013年は読売演劇大賞の投票委員を務めた。

なお、出身の関西学院大学では総部放送局の学生アナウンサーとして学内のほか京阪神各地で司会、DJ、実況、ラジオドラマ、ナレーションなどの活動を展開した。1982年には3年間所属した大阪のプロアナウンサー養成所を卒業している。大学での専攻はマスコミ論やエンタメコンテンツの社会心理史的研究、卒論のテーマは流行歌。1982年の第22回ヤマハポピュラーソングコンテストにオリジナル曲で、1987年の第2回PFFぴあフィルムフェスティバルに自主製作映画でいずれも応募参加。

 

 

PROFILE   阪  清 和  Kiyokazu Saka

1959年、大阪市生まれ。関西学院大学を卒業後、共同通信社に入社。情報企画局、宮崎支局、神戸支局、名古屋支社編集部を経て、1996年から東京本社文化部。放送、音楽、大阪文化部(宝塚歌劇、お笑い、文楽)、放送、漫画、IT、演劇などの各ジャンルを担当。内外の第一線の俳優、演出家、映画監督、劇作家、脚本家、映画人、プロデューサー、アナウンサー、歌手、アイドル、タレント、芸人、作詞家、作曲家、ミュージシャン、シンガー・ソングライター、クリエーター、漫画家、WEBアーティストら2000人近くにインタビュー。毎年新年特別紙面向け大型グラビアのプロデュース・取材も多数担当。アイドルから巨匠まで幅広い表現者を追跡した。2013年秋、共同通信社を退社して、映画、演劇、テレビドラマ、音楽、漫画、現代アート、WEBカルチャーなどを中心としたエンターテインメント全般を主な守備範囲とするフリーのエンタメ批評家、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、MCとして独立した。エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」を連載中で、ブロガーとしても活動している。初の著書を2014年に向けて準備中。東京都在住。(さらに下に続く)

記者時代は、1987~88年、宮崎放送(MRT)でラジオのレギュラーリポーターを務めたほか、1997~99年、テレビ誌でドラマ批評コラムを連載。1998~2000年は日本レコード大賞の審査員、2001~2002年は上方漫才大賞の審査員、2003~2004年はATP全日本テレビ番組製作社連盟のATP賞テレビ記者賞とFNSドキュメンタリー大賞の審査員を務めた。2008~2011年はミュージカルベストテンの投票審査員、2008~2013年は読売演劇大賞の投票委員を務めた。

なお、出身の関西学院大学では総部放送局の学生アナウンサーとして学内のほか京阪神各地で司会、DJ、実況、ラジオドラマ、ナレーションなどの活動を展開した。1982年には3年間所属した大阪のプロアナウンサー養成所を卒業している。大学での専攻はマスコミ論やエンタメコンテンツの社会心理史的研究、卒論のテーマは流行歌。1982年の第22回ヤマハポピュラーソングコンテストにオリジナル曲で、1987年の第2回PFFぴあフィルムフェスティバルに自主製作映画でいずれも応募参加。

 

 

PROFILE   阪  清 和  Kiyokazu Saka

1959年、大阪市生まれ。関西学院大学を卒業後、共同通信社に入社。情報企画局、宮崎支局、神戸支局、名古屋支社編集部を経て、1996年から東京本社文化部。放送、音楽、大阪文化部(宝塚歌劇、お笑い、文楽)、放送、漫画、IT、演劇などの各ジャンルを担当。内外の第一線の俳優、演出家、映画監督、劇作家、脚本家、映画人、プロデューサー、アナウンサー、歌手、アイドル、タレント、芸人、作詞家、作曲家、ミュージシャン、シンガー・ソングライター、クリエーター、漫画家、WEBアーティストら2000人近くにインタビュー。毎年新年特別紙面向け大型グラビアのプロデュース・取材も多数担当。アイドルから巨匠まで幅広い表現者を追跡した。2013年秋、共同通信社を退社して、映画、演劇、テレビドラマ、音楽、漫画、現代アート、WEBカルチャーなどを中心としたエンターテインメント全般を主な守備範囲とするフリーのエンタメ批評家、インタビュアー、ライター、ジャーナリスト、MCとして独立した。エンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」を連載中で、ブロガーとしても活動している。初の著書を2014年に向けて準備中。東京都在住。(さらに下に続く)

記者時代は、1987~88年、宮崎放送(MRT)でラジオのレギュラーリポーターを務めたほか、1997~99年、テレビ誌でドラマ批評コラムを連載。1998~2000年は日本レコード大賞の審査員、2001~2002年は上方漫才大賞の審査員、2003~2004年はATP全日本テレビ番組製作社連盟のATP賞テレビ記者賞とFNSドキュメンタリー大賞の審査員を務めた。2008~2011年はミュージカルベストテンの投票審査員、2008~2013年は読売演劇大賞の投票委員を務めた。

なお、出身の関西学院大学では総部放送局の学生アナウンサーとして学内のほか京阪神各地で司会、DJ、実況、ラジオドラマ、ナレーションなどの活動を展開した。1982年には3年間所属した大阪のプロアナウンサー養成所を卒業している。大学での専攻はマスコミ論やエンタメコンテンツの社会心理史的研究、卒論のテーマは流行歌。1982年の第22回ヤマハポピュラーソングコンテストにオリジナル曲で、1987年の第2回PFFぴあフィルムフェスティバルに自主製作映画でいずれも応募参加。

 

 

インタビュー実績(MUSIC=①/順不同)=作成中

井上陽水 吉田拓郎 細野晴臣 中島みゆき 松任谷由実 南こうせつ 桑田佳祐 山下達郎 小田和正 坂本龍一 オノ・ヨーコ  ポール・マッカートニー コブクロ つんく ピチカート・ファイヴ サザンオールスターズ ドリームズ・カム・トゥルー 浜崎あゆみ CHAGE&ASKA ジャクソン・ブラウン ジョージ・マーティン 忌野清志郎 槇原敬之 THEALFEE 松本隆 岡林信康 鬼束ちひろ 北島三郎 森進一 小林武史 Gackt PUFFY 甲斐よしのり シェリル・クロウ アラニス・モリセット 中山美穂 小泉今日子 モーニング娘。 松たか子 松浦亜弥 イエス X.T.C ウルフルズ 小椋佳 財津和夫 谷村新司 電気グルーヴ ボニー・ピンク 今井美樹 ブリトニー・スピアーズ ジュエル メイヤ 山崎まさよし スピッツ 布袋寅泰 ザ・イエローモンキー ミッシェル・ガン・エレファント ゴンチチ THE BOOM BEGIN 内田有紀 平井堅 氷川きよし スターダスト・レビュー 杏里 郷ひろみ 西村由紀江 真心ブラザーズ Misia UA Cocco KREVA 矢井田瞳 アラニス・モリセット 柏木由紀(AKB48) 石川セリ ディープ・フォレスト ZONE たむらぱん ゆらゆら帝国 GRAPEVINE 岡本真夜 川村結花 EGO-WRAPPIN' 

インタビュー実績(MUSIC=①/順不同)=作成中

井上陽水 吉田拓郎 細野晴臣 中島みゆき 松任谷由実 南こうせつ 桑田佳祐 山下達郎 小田和正 坂本龍一 オノ・ヨーコ  ポール・マッカートニー コブクロ つんく ピチカート・ファイヴ サザンオールスターズ ドリームズ・カム・トゥルー 浜崎あゆみ CHAGE&ASKA ジャクソン・ブラウン ジョージ・マーティン 忌野清志郎 槇原敬之 THEALFEE 松本隆 岡林信康 鬼束ちひろ 北島三郎 森進一 小林武史 Gackt PUFFY 甲斐よしのり シェリル・クロウ アラニス・モリセット 中山美穂 小泉今日子 モーニング娘。 松たか子 松浦亜弥 イエス X.T.C ウルフルズ 小椋佳 財津和夫 谷村新司 電気グルーヴ ボニー・ピンク 今井美樹 ブリトニー・スピアーズ ジュエル メイヤ 山崎まさよし スピッツ 布袋寅泰 ザ・イエローモンキー ミッシェル・ガン・エレファント ゴンチチ THE BOOM BEGIN 内田有紀 平井堅 氷川きよし スターダスト・レビュー 杏里 郷ひろみ 西村由紀江 真心ブラザーズ Misia UA Cocco KREVA 矢井田瞳 アラニス・モリセット 柏木由紀(AKB48) 石川セリ ディープ・フォレスト ZONE たむらぱん ゆらゆら帝国 GRAPEVINE 岡本真夜 川村結花 EGO-WRAPPIN' 

インタビュー実績(MUSIC=①/順不同)=作成中

井上陽水 吉田拓郎 細野晴臣 中島みゆき 松任谷由実 南こうせつ 桑田佳祐 山下達郎 小田和正 坂本龍一 オノ・ヨーコ  ポール・マッカートニー コブクロ つんく ピチカート・ファイヴ サザンオールスターズ ドリームズ・カム・トゥルー 浜崎あゆみ CHAGE&ASKA ジャクソン・ブラウン ジョージ・マーティン 忌野清志郎 槇原敬之 THEALFEE 松本隆 岡林信康 鬼束ちひろ 北島三郎 森進一 小林武史 Gackt PUFFY 甲斐よしのり シェリル・クロウ アラニス・モリセット 中山美穂 小泉今日子 モーニング娘。 松たか子 松浦亜弥 イエス X.T.C ウルフルズ 小椋佳 財津和夫 谷村新司 電気グルーヴ ボニー・ピンク 今井美樹 ブリトニー・スピアーズ ジュエル メイヤ 山崎まさよし スピッツ 布袋寅泰 ザ・イエローモンキー ミッシェル・ガン・エレファント ゴンチチ THE BOOM BEGIN 内田有紀 平井堅 氷川きよし スターダスト・レビュー 杏里 郷ひろみ 西村由紀江 真心ブラザーズ Misia UA Cocco KREVA 矢井田瞳 アラニス・モリセット 柏木由紀(AKB48) 石川セリ ディープ・フォレスト ZONE たむらぱん ゆらゆら帝国 GRAPEVINE 岡本真夜 川村結花 EGO-WRAPPIN' 

インタビュー実績(MUSIC=②/順不同)=作成中

玉置浩二 西川貴教 イルカ ル・クプル TUBE 東儀秀樹 早川義夫 広瀬香美 ブランキー・ジェット・シティ 矢野顕子 大江千里 Kiroro thebrilliantgreen 田島貴男 原由子 浅倉大介 リンドバーグ ザ・コアーズ リッキー・マーティン DEEN 小柳ゆき 中村雅俊 押尾コータロー カシオペア FavoriteBlue 渡辺真知子 徳永英明 高橋真梨子 太田裕美 アナム&マキ クミコ 松任谷正隆 荻野目洋子 SAKURA 上原多香子 小野リサ 須藤薫 杉真理 斉藤由貴 聖飢魔Ⅱ 山下久美子 エレファント・カシマシ 岩代太郎 浜崎貴司 柳ジョージ MAX 久石譲 紙ふうせん 島谷ひとみ 上田まり 森口博子 吉田兄弟 雪村いづみ 森山良子 大橋純子 S.E.N.S tohko 溝口肇 菅原洋一 岩崎宏美 千住明 高野寛 Fayray 須藤晃 佐久間正英 仲井戸麗一 なかにし礼 GAKU-MC 米倉利紀 ARB ビリー・バンバン 鈴木祥子 クランボン 辛島美登里 宗次郎 小林亜星 西城秀樹 知念里奈 大島ミチル 鈴木雅之 角松敏生 coba オリジナル・ラヴ Cymbals アンドレ・ギャニオン 谷山浩子 坂本昌行 佐藤竹善 ソウル・フラワー・ユニオン 鷺洲詩郎 JAYWALK 井上昌己 寺内タケシ

インタビュー実績(MUSIC=②/順不同)=作成中

玉置浩二 西川貴教 イルカ ル・クプル TUBE 東儀秀樹 早川義夫 広瀬香美 ブランキー・ジェット・シティ 矢野顕子 大江千里 Kiroro thebrilliantgreen 田島貴男 原由子 浅倉大介 リンドバーグ ザ・コアーズ リッキー・マーティン DEEN 小柳ゆき 中村雅俊 押尾コータロー カシオペア FavoriteBlue 渡辺真知子 徳永英明 高橋真梨子 太田裕美 アナム&マキ クミコ 松任谷正隆 荻野目洋子 SAKURA 上原多香子 小野リサ 須藤薫 杉真理 斉藤由貴 聖飢魔Ⅱ 山下久美子 エレファント・カシマシ 岩代太郎 浜崎貴司 柳ジョージ MAX 久石譲 紙ふうせん 島谷ひとみ 上田まり 森口博子 吉田兄弟 雪村いづみ 森山良子 大橋純子 S.E.N.S tohko 溝口肇 菅原洋一 岩崎宏美 千住明 高野寛 Fayray 須藤晃 佐久間正英 仲井戸麗一 なかにし礼 GAKU-MC 米倉利紀 ARB ビリー・バンバン 鈴木祥子 クランボン 辛島美登里 宗次郎 小林亜星 西城秀樹 知念里奈 大島ミチル 鈴木雅之 角松敏生 coba オリジナル・ラヴ Cymbals アンドレ・ギャニオン 谷山浩子 坂本昌行 佐藤竹善 ソウル・フラワー・ユニオン 鷺洲詩郎 JAYWALK 井上昌己 寺内タケシ

インタビュー実績(MUSIC=②/順不同)=作成中

玉置浩二 西川貴教 イルカ ル・クプル TUBE 東儀秀樹 早川義夫 広瀬香美 ブランキー・ジェット・シティ 矢野顕子 大江千里 Kiroro thebrilliantgreen 田島貴男 原由子 浅倉大介 リンドバーグ ザ・コアーズ リッキー・マーティン DEEN 小柳ゆき 中村雅俊 押尾コータロー カシオペア FavoriteBlue 渡辺真知子 徳永英明 高橋真梨子 太田裕美 アナム&マキ クミコ 松任谷正隆 荻野目洋子 SAKURA 上原多香子 小野リサ 須藤薫 杉真理 斉藤由貴 聖飢魔Ⅱ 山下久美子 エレファント・カシマシ 岩代太郎 浜崎貴司 柳ジョージ MAX 久石譲 紙ふうせん 島谷ひとみ 上田まり 森口博子 吉田兄弟 雪村いづみ 森山良子 大橋純子 S.E.N.S tohko 溝口肇 菅原洋一 岩崎宏美 千住明 高野寛 Fayray 須藤晃 佐久間正英 仲井戸麗一 なかにし礼 GAKU-MC 米倉利紀 ARB ビリー・バンバン 鈴木祥子 クランボン 辛島美登里 宗次郎 小林亜星 西城秀樹 知念里奈 大島ミチル 鈴木雅之 角松敏生 coba オリジナル・ラヴ Cymbals アンドレ・ギャニオン 谷山浩子 坂本昌行 佐藤竹善 ソウル・フラワー・ユニオン 鷺洲詩郎 JAYWALK 井上昌己 寺内タケシ

インタビュー実績(MUSIC=③/順不同)=作成中

山下洋輔 田端義夫 二葉百合子 淡谷のり子 村田英雄 ペギー葉山 上田正樹 有山じゅんじ マキシ・プリースト 2アンリミテッド マリス・ミゼル エリック・カルメン 日向大介 湯川れい子 平尾昌晃 鈴木聖美 ママスタジヲ 米良美一 カーディガンズ 橋幸夫 ハシケン 服部克久 弘田三枝子 スケボーキング 山口由子 花*花 白鳥英美子 愛内里菜 香田晋 オリガ 倉橋ルイ子 沢知恵 ティム・ジャニス 神野美伽 門倉有希 大月みやこ 中村美律子 山川豊 松本英子 伍芳 小林桂 洞口依子 石田弘 浜田麻里 GO!GO!7188 貴水博之 新井英一 mawari 桃乃未琴 パニクルー 太陽とシスコムーン ザ・コルツ 上松美香 オユンナ 坂本サトル 香西かおり 長山洋子 谷本知美 大泉逸郎 重森三果 大江裕 谷村有美 八反安未果 上田知華 鳳山雅姫 

インタビュー実績(MUSIC=③/順不同)=作成中

山下洋輔 田端義夫 二葉百合子 淡谷のり子 村田英雄 ペギー葉山 上田正樹 有山じゅんじ マキシ・プリースト 2アンリミテッド マリス・ミゼル エリック・カルメン 日向大介 湯川れい子 平尾昌晃 鈴木聖美 ママスタジヲ 米良美一 カーディガンズ 橋幸夫 ハシケン 服部克久 弘田三枝子 スケボーキング 山口由子 花*花 白鳥英美子 愛内里菜 香田晋 オリガ 倉橋ルイ子 沢知恵 ティム・ジャニス 神野美伽 門倉有希 大月みやこ 中村美律子 山川豊 松本英子 伍芳 小林桂 洞口依子 石田弘 浜田麻里 GO!GO!7188 貴水博之 新井英一 mawari 桃乃未琴 パニクルー 太陽とシスコムーン ザ・コルツ 上松美香 オユンナ 坂本サトル 香西かおり 長山洋子 谷本知美 大泉逸郎 重森三果 大江裕 谷村有美 八反安未果 上田知華 鳳山雅姫 

インタビュー実績(MUSIC=③/順不同)=作成中

山下洋輔 田端義夫 二葉百合子 淡谷のり子 村田英雄 ペギー葉山 上田正樹 有山じゅんじ マキシ・プリースト 2アンリミテッド マリス・ミゼル エリック・カルメン 日向大介 湯川れい子 平尾昌晃 鈴木聖美 ママスタジヲ 米良美一 カーディガンズ 橋幸夫 ハシケン 服部克久 弘田三枝子 スケボーキング 山口由子 花*花 白鳥英美子 愛内里菜 香田晋 オリガ 倉橋ルイ子 沢知恵 ティム・ジャニス 神野美伽 門倉有希 大月みやこ 中村美律子 山川豊 松本英子 伍芳 小林桂 洞口依子 石田弘 浜田麻里 GO!GO!7188 貴水博之 新井英一 mawari 桃乃未琴 パニクルー 太陽とシスコムーン ザ・コルツ 上松美香 オユンナ 坂本サトル 香西かおり 長山洋子 谷本知美 大泉逸郎 重森三果 大江裕 谷村有美 八反安未果 上田知華 鳳山雅姫 

LIVE取材、合同取材実績(MUSIC/順不同)=作成中

<インタビュー実績で掲載した方は除く>

宇多田ヒカル 椎名林檎 安室奈美恵 福山雅治 マイケル・ジャクソン 浜田省吾 ローリング・ストーンズ Mr.Cildren GLAY ELT globe DragonAsh SPEED ゆず aiko エアロスミス オスカー・ピーターソン ハービー・ハンコック ウェイン・ショーター 竹内まりや LOVE PSYCHEDELICO LUNASEA セリーヌ・ディオン ローリン・ヒル オアシス マライア・キャリー 氷室京介 都はるみ 広末涼子 大黒摩季 朝比奈隆 奥田民生 スガシカオ 倉木麻衣 SugerSoul ACO 相川七瀬 葉加瀬太郎 五つの赤い風船 SOPHIA 川本真琴 

LIVE取材、合同取材実績(MUSIC/順不同)=作成中

<インタビュー実績で掲載した方は除く>

宇多田ヒカル 椎名林檎 安室奈美恵 福山雅治 マイケル・ジャクソン 浜田省吾 ローリング・ストーンズ Mr.Cildren GLAY ELT globe DragonAsh SPEED ゆず aiko エアロスミス オスカー・ピーターソン ハービー・ハンコック ウェイン・ショーター 竹内まりや LOVE PSYCHEDELICO LUNASEA セリーヌ・ディオン ローリン・ヒル オアシス マライア・キャリー 氷室京介 都はるみ 広末涼子 大黒摩季 朝比奈隆 奥田民生 スガシカオ 倉木麻衣 SugerSoul ACO 相川七瀬 葉加瀬太郎 五つの赤い風船 SOPHIA 川本真琴 

LIVE取材、合同取材実績(MUSIC/順不同)=作成中

<インタビュー実績で掲載した方は除く>

宇多田ヒカル 椎名林檎 安室奈美恵 福山雅治 マイケル・ジャクソン 浜田省吾 ローリング・ストーンズ Mr.Cildren GLAY ELT globe DragonAsh SPEED ゆず aiko エアロスミス オスカー・ピーターソン ハービー・ハンコック ウェイン・ショーター 竹内まりや LOVE PSYCHEDELICO LUNASEA セリーヌ・ディオン ローリン・ヒル オアシス マライア・キャリー 氷室京介 都はるみ 広末涼子 大黒摩季 朝比奈隆 奥田民生 スガシカオ 倉木麻衣 SugerSoul ACO 相川七瀬 葉加瀬太郎 五つの赤い風船 SOPHIA 川本真琴 

インタビュー実績(女優=①/順不同)=作成中

森光子 吉永小百合 大竹しのぶ 黒柳徹子 松たか子 宮沢りえ 長澤まさみ 北川景子 綾瀬はるか 戸田恵梨香 宮﨑あおい 桐谷美玲 佐々木希 深田恭子 堀北真希 優香 伊東美咲 今井美樹 長谷川京子 藤谷美紀 紺野美沙子 安倍なつみ 内山理名 平野綾 米倉涼子 笹本玲奈 和久井映見 大地真央 木村佳乃 仲間由紀恵 永作博美 上原多香子 渡辺美佐子 山田優 鳳蘭 蒼井優 松下由樹 浅丘ルリ子 南野陽子 奥菜恵 高畑淳子 白石美帆 浅野ゆう子 草笛光子 酒井美紀 安田成美 わかぎゑふ 高岡早紀 富田靖子 紺野まひる 真矢みき 斉藤由貴 朴璐美 藤原紀香 森公美子 村川絵梨 轟悠 池脇千鶴 原田美希 高畑充希 牧瀬里穂 ビビアン・スー 佐伯日菜子 黒川智花 高橋愛 江本純子 吉行和子 三田和代 麻実れい 安達祐実 田中美佐子 瀬奈じゅん 池内淳子 雪村いづみ 十朱幸代 高橋恵子 高田聖子 紫吹淳 榎本加奈子 賀来千香子 水野真紀 葉月里緒奈 中越典子 キム・テヒ 田中美奈子 木の実ナナ 松本莉緒 西村知美 和央ようか 河合美智子 青木さやか 由美かおる 雛形あきこ

インタビュー実績(女優=①/順不同)=作成中

森光子 吉永小百合 大竹しのぶ 黒柳徹子 松たか子 宮沢りえ 長澤まさみ 北川景子 綾瀬はるか 戸田恵梨香 宮﨑あおい 桐谷美玲 佐々木希 深田恭子 堀北真希 優香 伊東美咲 今井美樹 長谷川京子 藤谷美紀 紺野美沙子 安倍なつみ 内山理名 平野綾 米倉涼子 笹本玲奈 和久井映見 大地真央 木村佳乃 仲間由紀恵 永作博美 上原多香子 渡辺美佐子 山田優 鳳蘭 蒼井優 松下由樹 浅丘ルリ子 南野陽子 奥菜恵 高畑淳子 白石美帆 浅野ゆう子 草笛光子 酒井美紀 安田成美 わかぎゑふ 高岡早紀 富田靖子 紺野まひる 真矢みき 斉藤由貴 朴璐美 藤原紀香 森公美子 村川絵梨 轟悠 池脇千鶴 原田美希 高畑充希 牧瀬里穂 ビビアン・スー 佐伯日菜子 黒川智花 高橋愛 江本純子 吉行和子 三田和代 麻実れい 安達祐実 田中美佐子 瀬奈じゅん 池内淳子 雪村いづみ 十朱幸代 高橋恵子 高田聖子 紫吹淳 榎本加奈子 賀来千香子 水野真紀 葉月里緒奈 中越典子 キム・テヒ 田中美奈子 木の実ナナ 松本莉緒 西村知美 和央ようか 河合美智子 青木さやか 由美かおる 雛形あきこ

インタビュー実績(女優=①/順不同)=作成中

森光子 吉永小百合 大竹しのぶ 黒柳徹子 松たか子 宮沢りえ 長澤まさみ 北川景子 綾瀬はるか 戸田恵梨香 宮﨑あおい 桐谷美玲 佐々木希 深田恭子 堀北真希 優香 伊東美咲 今井美樹 長谷川京子 藤谷美紀 紺野美沙子 安倍なつみ 内山理名 平野綾 米倉涼子 笹本玲奈 和久井映見 大地真央 木村佳乃 仲間由紀恵 永作博美 上原多香子 渡辺美佐子 山田優 鳳蘭 蒼井優 松下由樹 浅丘ルリ子 南野陽子 奥菜恵 高畑淳子 白石美帆 浅野ゆう子 草笛光子 酒井美紀 安田成美 わかぎゑふ 高岡早紀 富田靖子 紺野まひる 真矢みき 斉藤由貴 朴璐美 藤原紀香 森公美子 村川絵梨 轟悠 池脇千鶴 原田美希 高畑充希 牧瀬里穂 ビビアン・スー 佐伯日菜子 黒川智花 高橋愛 江本純子 吉行和子 三田和代 麻実れい 安達祐実 田中美佐子 瀬奈じゅん 池内淳子 雪村いづみ 十朱幸代 高橋恵子 高田聖子 紫吹淳 榎本加奈子 賀来千香子 水野真紀 葉月里緒奈 中越典子 キム・テヒ 田中美奈子 木の実ナナ 松本莉緒 西村知美 和央ようか 河合美智子 青木さやか 由美かおる 雛形あきこ

インタビュー実績(女優=②/順不同)=作成中

夏木マリ 水野美紀 キャサリン・ハンター 濱田めぐみ 真琴つばさ 星野真里 香寿たつき 佐藤藍子 安蘭けい 春野寿美礼 ソニン 奈美悦子 磯山さやか 陽月華 比企理恵 塩田朋子 石井麗子 荘田由紀 上田桃子 春風ひとみ 秋本みな子 いしのようこ 山川恵里佳 高良結香

インタビュー実績(女優=②/順不同)=作成中

夏木マリ 水野美紀 キャサリン・ハンター 濱田めぐみ 真琴つばさ 星野真里 香寿たつき 佐藤藍子 安蘭けい 春野寿美礼 ソニン 奈美悦子 磯山さやか 陽月華 比企理恵 塩田朋子 石井麗子 荘田由紀 上田桃子 春風ひとみ 秋本みな子 いしのようこ 山川恵里佳 高良結香

インタビュー実績(女優=②/順不同)=作成中

夏木マリ 水野美紀 キャサリン・ハンター 濱田めぐみ 真琴つばさ 星野真里 香寿たつき 佐藤藍子 安蘭けい 春野寿美礼 ソニン 奈美悦子 磯山さやか 陽月華 比企理恵 塩田朋子 石井麗子 荘田由紀 上田桃子 春風ひとみ 秋本みな子 いしのようこ 山川恵里佳 高良結香

インタビュー実績(男優/順不同)=作成中

仲代達矢 松本幸四郎 江守徹 橋爪功 野田秀樹 柄本明 野村萬斎 妻夫木聡 小栗旬 藤原竜也 唐沢寿明 草彅剛 稲垣吾郎 中居正広 福士誠治 寺尾聰 志村けん 宮藤官九郎 松本潤 二宮和也 滝沢秀明 向井理 相葉雅紀 市原隼人 小日向文世 長塚圭史 江口洋介 船越英一郎 佐藤隆太 竹中直人 生瀬勝久 平田満 國村隼 内野聖陽 ジャック・ペラン 石丸幹二 市川亀治郎(市川猿之助) 中村橋之助 山崎育三郎 成河 堺正章 井上順 かまやつひろし 森本レオ 城島茂 井ノ原快彦 森田剛 丸山隆平 北山宏光 武田真治 八嶋智人 山田孝之 及川光博 柳家花緑 浦井健治 杉浦太陽 金田明夫 山本耕史 渡辺徹 古谷一行 オリビエ・コント 石川直 Gackt 筧利夫 城田優 上原理生 瀬戸康史 山崎銀之丞 渡部豪太 今井雅之 原田泰造 小野寺修二 吉田栄作 後藤ひろひと 坂口憲二 前田司郎 流山児祥 矢野聖人 牧伸二 ジェリー藤尾 ラサール石井 カンニング竹山 林家ペー 西島隆弘 堂珍嘉邦 野村昇史 坂口芳貞 葛山信吾 柳下大 桐山照史

インタビュー実績(男優/順不同)=作成中

仲代達矢 松本幸四郎 江守徹 橋爪功 野田秀樹 柄本明 野村萬斎 妻夫木聡 小栗旬 藤原竜也 唐沢寿明 草彅剛 稲垣吾郎 中居正広 福士誠治 寺尾聰 志村けん 宮藤官九郎 松本潤 二宮和也 滝沢秀明 向井理 相葉雅紀 市原隼人 小日向文世 長塚圭史 江口洋介 船越英一郎 佐藤隆太 竹中直人 生瀬勝久 平田満 國村隼 内野聖陽 ジャック・ペラン 石丸幹二 市川亀治郎(市川猿之助) 中村橋之助 山崎育三郎 成河 堺正章 井上順 かまやつひろし 森本レオ 城島茂 井ノ原快彦 森田剛 丸山隆平 北山宏光 武田真治 八嶋智人 山田孝之 及川光博 柳家花緑 浦井健治 杉浦太陽 金田明夫 山本耕史 渡辺徹 古谷一行 オリビエ・コント 石川直 Gackt 筧利夫 城田優 上原理生 瀬戸康史 山崎銀之丞 渡部豪太 今井雅之 原田泰造 小野寺修二 吉田栄作 後藤ひろひと 坂口憲二 前田司郎 流山児祥 矢野聖人 牧伸二 ジェリー藤尾 ラサール石井 カンニング竹山 林家ペー 西島隆弘 堂珍嘉邦 野村昇史 坂口芳貞 葛山信吾 柳下大 桐山照史

インタビュー実績(男優/順不同)=作成中

仲代達矢 松本幸四郎 江守徹 橋爪功 野田秀樹 柄本明 野村萬斎 妻夫木聡 小栗旬 藤原竜也 唐沢寿明 草彅剛 稲垣吾郎 中居正広 福士誠治 寺尾聰 志村けん 宮藤官九郎 松本潤 二宮和也 滝沢秀明 向井理 相葉雅紀 市原隼人 小日向文世 長塚圭史 江口洋介 船越英一郎 佐藤隆太 竹中直人 生瀬勝久 平田満 國村隼 内野聖陽 ジャック・ペラン 石丸幹二 市川亀治郎(市川猿之助) 中村橋之助 山崎育三郎 成河 堺正章 井上順 かまやつひろし 森本レオ 城島茂 井ノ原快彦 森田剛 丸山隆平 北山宏光 武田真治 八嶋智人 山田孝之 及川光博 柳家花緑 浦井健治 杉浦太陽 金田明夫 山本耕史 渡辺徹 古谷一行 オリビエ・コント 石川直 Gackt 筧利夫 城田優 上原理生 瀬戸康史 山崎銀之丞 渡部豪太 今井雅之 原田泰造 小野寺修二 吉田栄作 後藤ひろひと 坂口憲二 前田司郎 流山児祥 矢野聖人 牧伸二 ジェリー藤尾 ラサール石井 カンニング竹山 林家ペー 西島隆弘 堂珍嘉邦 野村昇史 坂口芳貞 葛山信吾 柳下大 桐山照史

インタビュー実績(クリエーター/順不同)=作成中

蜷川幸雄 タモリ 野田秀樹 三谷幸喜 アン・リー ジャック・ペラン 倉本聰 野沢尚 やなせたかし ちばてつや 松本零士 藤子不二雄A 永井豪 秋本治 楳図かずお サトウサンペイ 江口寿史 モンキーパンチ 森田まさのり 三田紀房 高井研一郎 北見けんいち 古谷三敏 安野モヨコ 羽海野チカ 二ノ宮知子 中原アヤ こうの史代 CLAMP ひうらさとる 漆原友紀 牧美也子 森田芳光 青島幸男 栗山民也 鵜山仁 ケラリーノ・サンドロビッチ 横内謙介 前川知大 蓬莱竜太 本谷有希子 三浦大輔 前田司郎 江本純子 わかぎゑふ 上田誠 河原雅彦 鄭義信 謝珠栄 小野寺修二 長塚圭史 岡村俊一 辻真先 赤塚りえ子 石川光久 古舘伊知郎 高田文夫 小山内美江子 斎藤孝 湯川れい子 龍村仁 信藤三雄 杉本清 なぎら健壱 葉祥明 ラレコ 船村徹 遠藤実 石本美由紀 大多亮 梨元勝 スティーブ・マックルーア ジェーン・グドール タカハタ秀太 ユ・ヌンミ サム・レジスター 水森英夫 キン・シオタニ

インタビュー実績(クリエーター/順不同)=作成中

蜷川幸雄 タモリ 野田秀樹 三谷幸喜 アン・リー ジャック・ペラン 倉本聰 野沢尚 やなせたかし ちばてつや 松本零士 藤子不二雄A 永井豪 秋本治 楳図かずお サトウサンペイ 江口寿史 モンキーパンチ 森田まさのり 三田紀房 高井研一郎 北見けんいち 古谷三敏 安野モヨコ 羽海野チカ 二ノ宮知子 中原アヤ こうの史代 CLAMP ひうらさとる 漆原友紀 牧美也子 森田芳光 青島幸男 栗山民也 鵜山仁 ケラリーノ・サンドロビッチ 横内謙介 前川知大 蓬莱竜太 本谷有希子 三浦大輔 前田司郎 江本純子 わかぎゑふ 上田誠 河原雅彦 鄭義信 謝珠栄 小野寺修二 長塚圭史 岡村俊一 辻真先 赤塚りえ子 石川光久 古舘伊知郎 高田文夫 小山内美江子 斎藤孝 湯川れい子 龍村仁 信藤三雄 杉本清 なぎら健壱 葉祥明 ラレコ 船村徹 遠藤実 石本美由紀 大多亮 梨元勝 スティーブ・マックルーア ジェーン・グドール タカハタ秀太 ユ・ヌンミ サム・レジスター 水森英夫 キン・シオタニ

インタビュー実績(クリエーター/順不同)=作成中

蜷川幸雄 タモリ 野田秀樹 三谷幸喜 アン・リー ジャック・ペラン 倉本聰 野沢尚 やなせたかし ちばてつや 松本零士 藤子不二雄A 永井豪 秋本治 楳図かずお サトウサンペイ 江口寿史 モンキーパンチ 森田まさのり 三田紀房 高井研一郎 北見けんいち 古谷三敏 安野モヨコ 羽海野チカ 二ノ宮知子 中原アヤ こうの史代 CLAMP ひうらさとる 漆原友紀 牧美也子 森田芳光 青島幸男 栗山民也 鵜山仁 ケラリーノ・サンドロビッチ 横内謙介 前川知大 蓬莱竜太 本谷有希子 三浦大輔 前田司郎 江本純子 わかぎゑふ 上田誠 河原雅彦 鄭義信 謝珠栄 小野寺修二 長塚圭史 岡村俊一 辻真先 赤塚りえ子 石川光久 古舘伊知郎 高田文夫 小山内美江子 斎藤孝 湯川れい子 龍村仁 信藤三雄 杉本清 なぎら健壱 葉祥明 ラレコ 船村徹 遠藤実 石本美由紀 大多亮 梨元勝 スティーブ・マックルーア ジェーン・グドール タカハタ秀太 ユ・ヌンミ サム・レジスター 水森英夫 キン・シオタニ

連載企画など①

★J・POPライナー (1998~2001)

*新しい才能が次々と登場しめまぐるしく変化するJPOPシーンを鋭敏な視線でとらえ、人気の秘密と創造の深層に迫る音楽連載。インタビュー、ライブ評などさまざまなかたちで、そうそうたる顔ぶれが登場。特にすい星のように現れた宇多田ヒカルは徹底追求した。共同通信から全国の約50の新聞社に配信。

★半世紀なのだ!! 赤塚不二夫デビュー50周年 (2006)

*デビューから50周年を迎えた2006年、日本のナンセンスギャグ漫画の開祖でありその親しみやすいキャラクターで多くの人から愛されている赤塚不二夫に、50周年のお祝いと病床からの復活を願うメッセージを届けようと、漫画家仲間や芸能界の親友、新しい世代のファンら18人に話を聞いた。漫画家や一部のクリエーターには、赤塚に捧げる漫画やイラストを書き下ろしてもらった。

★魅了する女たち 人気漫画家の秘密 (2007)

*「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」「蟲師」「ホタルノヒカリ」「働きマン」など女性漫画家による作品が次々と映像化されるなど、その深い物語性と現代に呼応する適格なメッセージ性が注目された時期をとらえ、月に1本ずつ特集。ユニークな視点を持つ作家たちの創造性と本音にも迫った。メディアにほとんど登場しない漫画家にも直接インタビューに成功した。

★NINAGAWA劇談 (2011~ )

*世界的な演出家、蜷川幸雄氏に毎月、その時点で取り組んでいる作品などについて聞いた。時には、若手の育成法やシェイクスピア劇のとらえ方などにも話が発展。さまざまな視点で蜷川演劇の深層に迫った。共同通信から全国約50の新聞社に配信。現在も続行中。

★達の記  仲代達矢が語る代表作の数々 (2012~ )

俳優座出身で、私塾無名塾の創設者でもあり、舞台、映画、テレビと各ジャンルで大ヒットした作品を持つ日本俳優界のトップスター、仲代達矢に、毎月1本ずつ代表作を語ってもらう企画。黒澤明監督との秘話に始まり、演技への激烈な思いや多くの巨匠、俳優らとの出会いの物語は、仲代達矢の魂の記録であるとともに、日本の芸能史そのものでもある。共同通信から全国約50の新聞社に配信。現在も続行中。

★劇・織・人 新鋭劇作家不連続インタビュー (2010)

*1980~90年代の演劇ブームの再来とは言えないまでも、いま演劇界は若手のクリエーターが次々と誕生して、新しい時代を創造しつつあり、ちょっとした熱を帯びている。特に劇作家に収穫が多く、彼らの新しい感性や社会へのまなざしは注目に値する。そこで、活躍の著しい本谷有希子、蓬莱竜太、三浦大輔、上田誠ら若手劇作家7人に焦点を当てて、不定期、不連続でインタビューを試みた。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★はじけていくで (2001~2002)

*矢井田瞳、aiko、コブクロなど、JPOPシーンの中で関西出身や関西にゆかりのあるミュージシャンが大活躍した時期をとらえ、インタヒューや周辺取材などで、その魅力と秘密を探った。

★かみがた笑店街 (2001~2003)

お笑いブームが続く中でも、常に改革を忘れない本場大阪のお笑い界の神髄を週1回連載のかたちで紹介。吉本や松竹を中心に漫才、落語、演芸などオールジャンルで活写した。

★宝塚Top&Top (2002)

*2001~02年当時の宝塚歌劇団の5組のトップ10人と専科の轟悠の計11人に連続インタビュー。創立100周年まで10年となったタカラヅカの今と未来について語ってもらった。

★未来への自画像 (2002~2003)

*茶髪、携帯ルール、ネットの中の悪意蔓延、核シェルターのバカ売れ、陰陽師ブーム、道頓堀ダイブ、昭和回帰…。未来の人に今はどんな時代だと言えるのだろうか。そのさまざまな現象の実像を自画像のように文章で描き、気鋭の学舎、批評家とともにその深い意味合いを考えてみた学芸企画。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

 

 

 

連載企画など①

★J・POPライナー (1998~2001)

*新しい才能が次々と登場しめまぐるしく変化するJPOPシーンを鋭敏な視線でとらえ、人気の秘密と創造の深層に迫る音楽連載。インタビュー、ライブ評などさまざまなかたちで、そうそうたる顔ぶれが登場。特にすい星のように現れた宇多田ヒカルは徹底追求した。共同通信から全国の約50の新聞社に配信。

★半世紀なのだ!! 赤塚不二夫デビュー50周年 (2006)

*デビューから50周年を迎えた2006年、日本のナンセンスギャグ漫画の開祖でありその親しみやすいキャラクターで多くの人から愛されている赤塚不二夫に、50周年のお祝いと病床からの復活を願うメッセージを届けようと、漫画家仲間や芸能界の親友、新しい世代のファンら18人に話を聞いた。漫画家や一部のクリエーターには、赤塚に捧げる漫画やイラストを書き下ろしてもらった。

★魅了する女たち 人気漫画家の秘密 (2007)

*「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」「蟲師」「ホタルノヒカリ」「働きマン」など女性漫画家による作品が次々と映像化されるなど、その深い物語性と現代に呼応する適格なメッセージ性が注目された時期をとらえ、月に1本ずつ特集。ユニークな視点を持つ作家たちの創造性と本音にも迫った。メディアにほとんど登場しない漫画家にも直接インタビューに成功した。

★NINAGAWA劇談 (2011~ )

*世界的な演出家、蜷川幸雄氏に毎月、その時点で取り組んでいる作品などについて聞いた。時には、若手の育成法やシェイクスピア劇のとらえ方などにも話が発展。さまざまな視点で蜷川演劇の深層に迫った。共同通信から全国約50の新聞社に配信。現在も続行中。

★達の記  仲代達矢が語る代表作の数々 (2012~ )

俳優座出身で、私塾無名塾の創設者でもあり、舞台、映画、テレビと各ジャンルで大ヒットした作品を持つ日本俳優界のトップスター、仲代達矢に、毎月1本ずつ代表作を語ってもらう企画。黒澤明監督との秘話に始まり、演技への激烈な思いや多くの巨匠、俳優らとの出会いの物語は、仲代達矢の魂の記録であるとともに、日本の芸能史そのものでもある。共同通信から全国約50の新聞社に配信。現在も続行中。

★劇・織・人 新鋭劇作家不連続インタビュー (2010)

*1980~90年代の演劇ブームの再来とは言えないまでも、いま演劇界は若手のクリエーターが次々と誕生して、新しい時代を創造しつつあり、ちょっとした熱を帯びている。特に劇作家に収穫が多く、彼らの新しい感性や社会へのまなざしは注目に値する。そこで、活躍の著しい本谷有希子、蓬莱竜太、三浦大輔、上田誠ら若手劇作家7人に焦点を当てて、不定期、不連続でインタビューを試みた。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★はじけていくで (2001~2002)

*矢井田瞳、aiko、コブクロなど、JPOPシーンの中で関西出身や関西にゆかりのあるミュージシャンが大活躍した時期をとらえ、インタヒューや周辺取材などで、その魅力と秘密を探った。

★かみがた笑店街 (2001~2003)

お笑いブームが続く中でも、常に改革を忘れない本場大阪のお笑い界の神髄を週1回連載のかたちで紹介。吉本や松竹を中心に漫才、落語、演芸などオールジャンルで活写した。

★宝塚Top&Top (2002)

*2001~02年当時の宝塚歌劇団の5組のトップ10人と専科の轟悠の計11人に連続インタビュー。創立100周年まで10年となったタカラヅカの今と未来について語ってもらった。

★未来への自画像 (2002~2003)

*茶髪、携帯ルール、ネットの中の悪意蔓延、核シェルターのバカ売れ、陰陽師ブーム、道頓堀ダイブ、昭和回帰…。未来の人に今はどんな時代だと言えるのだろうか。そのさまざまな現象の実像を自画像のように文章で描き、気鋭の学舎、批評家とともにその深い意味合いを考えてみた学芸企画。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

 

 

 

連載企画など①

★J・POPライナー (1998~2001)

*新しい才能が次々と登場しめまぐるしく変化するJPOPシーンを鋭敏な視線でとらえ、人気の秘密と創造の深層に迫る音楽連載。インタビュー、ライブ評などさまざまなかたちで、そうそうたる顔ぶれが登場。特にすい星のように現れた宇多田ヒカルは徹底追求した。共同通信から全国の約50の新聞社に配信。

★半世紀なのだ!! 赤塚不二夫デビュー50周年 (2006)

*デビューから50周年を迎えた2006年、日本のナンセンスギャグ漫画の開祖でありその親しみやすいキャラクターで多くの人から愛されている赤塚不二夫に、50周年のお祝いと病床からの復活を願うメッセージを届けようと、漫画家仲間や芸能界の親友、新しい世代のファンら18人に話を聞いた。漫画家や一部のクリエーターには、赤塚に捧げる漫画やイラストを書き下ろしてもらった。

★魅了する女たち 人気漫画家の秘密 (2007)

*「のだめカンタービレ」「ハチミツとクローバー」「蟲師」「ホタルノヒカリ」「働きマン」など女性漫画家による作品が次々と映像化されるなど、その深い物語性と現代に呼応する適格なメッセージ性が注目された時期をとらえ、月に1本ずつ特集。ユニークな視点を持つ作家たちの創造性と本音にも迫った。メディアにほとんど登場しない漫画家にも直接インタビューに成功した。

★NINAGAWA劇談 (2011~ )

*世界的な演出家、蜷川幸雄氏に毎月、その時点で取り組んでいる作品などについて聞いた。時には、若手の育成法やシェイクスピア劇のとらえ方などにも話が発展。さまざまな視点で蜷川演劇の深層に迫った。共同通信から全国約50の新聞社に配信。現在も続行中。

★達の記  仲代達矢が語る代表作の数々 (2012~ )

俳優座出身で、私塾無名塾の創設者でもあり、舞台、映画、テレビと各ジャンルで大ヒットした作品を持つ日本俳優界のトップスター、仲代達矢に、毎月1本ずつ代表作を語ってもらう企画。黒澤明監督との秘話に始まり、演技への激烈な思いや多くの巨匠、俳優らとの出会いの物語は、仲代達矢の魂の記録であるとともに、日本の芸能史そのものでもある。共同通信から全国約50の新聞社に配信。現在も続行中。

★劇・織・人 新鋭劇作家不連続インタビュー (2010)

*1980~90年代の演劇ブームの再来とは言えないまでも、いま演劇界は若手のクリエーターが次々と誕生して、新しい時代を創造しつつあり、ちょっとした熱を帯びている。特に劇作家に収穫が多く、彼らの新しい感性や社会へのまなざしは注目に値する。そこで、活躍の著しい本谷有希子、蓬莱竜太、三浦大輔、上田誠ら若手劇作家7人に焦点を当てて、不定期、不連続でインタビューを試みた。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★はじけていくで (2001~2002)

*矢井田瞳、aiko、コブクロなど、JPOPシーンの中で関西出身や関西にゆかりのあるミュージシャンが大活躍した時期をとらえ、インタヒューや周辺取材などで、その魅力と秘密を探った。

★かみがた笑店街 (2001~2003)

お笑いブームが続く中でも、常に改革を忘れない本場大阪のお笑い界の神髄を週1回連載のかたちで紹介。吉本や松竹を中心に漫才、落語、演芸などオールジャンルで活写した。

★宝塚Top&Top (2002)

*2001~02年当時の宝塚歌劇団の5組のトップ10人と専科の轟悠の計11人に連続インタビュー。創立100周年まで10年となったタカラヅカの今と未来について語ってもらった。

★未来への自画像 (2002~2003)

*茶髪、携帯ルール、ネットの中の悪意蔓延、核シェルターのバカ売れ、陰陽師ブーム、道頓堀ダイブ、昭和回帰…。未来の人に今はどんな時代だと言えるのだろうか。そのさまざまな現象の実像を自画像のように文章で描き、気鋭の学舎、批評家とともにその深い意味合いを考えてみた学芸企画。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

 

 

 

連載企画など②

★達の記 仲代達矢が語る代表作の数々 (2012~ )

*舞台、映画、テレビの各ジャンルで多くの代表作を持つ名優仲代達矢氏に、その作品にまつわる秘話や監督、共演者とのともに命を燃やした創造の日々を毎月1本ずつ自ら語ってもらう連載企画。俳優仲代達矢の魂の記録であるとともに、日本の芸能史そのものでもある。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。現在も続行中。

★劇・織・人 新鋭劇作家不連続インタビュー (2010)

*1980~90年代の演劇ブームの再来とは言えないまでも、いま演劇界は若手のクリエーターが次々と誕生して、新しい時代を創造しつつあり、ちょっとした熱を帯びている。特に劇作家に収穫が多く、彼らの新しい感性や社会へのまなざしは注目に値する。そこで、活躍の著しい本谷有希子、蓬莱竜太、三浦大輔、上田誠ら若手劇作家7人に焦点を当てて、不定期、不連続でインタビューを試みた。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★はじけていくで (2001~2002)

*矢井田瞳、aiko、コブクロなど、JPOPシーンの中で関西出身や関西にゆかりのあるミュージシャンが大活躍した時期をとらえ、インタヒューや周辺取材などで、その魅力と秘密を探った。

★かみがた笑店街 (2001~2003)

*お笑いブームが続く中でも、常に改革を忘れない本場大阪のお笑い界の神髄を週1回連載のかたちで紹介。吉本や松竹を中心に漫才、落語、演芸などオールジャンルで活写した。

★宝塚Top&Top (2002)

*2001~02年当時の宝塚歌劇団の5組のトップ10人と専科の轟悠の計11人に連続インタビュー。創立100周年まで10年となったタカラヅカの今と未来について語ってもらった。

 

連載企画など②

★達の記 仲代達矢が語る代表作の数々 (2012~ )

*舞台、映画、テレビの各ジャンルで多くの代表作を持つ名優仲代達矢氏に、その作品にまつわる秘話や監督、共演者とのともに命を燃やした創造の日々を毎月1本ずつ自ら語ってもらう連載企画。俳優仲代達矢の魂の記録であるとともに、日本の芸能史そのものでもある。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。現在も続行中。

★劇・織・人 新鋭劇作家不連続インタビュー (2010)

*1980~90年代の演劇ブームの再来とは言えないまでも、いま演劇界は若手のクリエーターが次々と誕生して、新しい時代を創造しつつあり、ちょっとした熱を帯びている。特に劇作家に収穫が多く、彼らの新しい感性や社会へのまなざしは注目に値する。そこで、活躍の著しい本谷有希子、蓬莱竜太、三浦大輔、上田誠ら若手劇作家7人に焦点を当てて、不定期、不連続でインタビューを試みた。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★はじけていくで (2001~2002)

*矢井田瞳、aiko、コブクロなど、JPOPシーンの中で関西出身や関西にゆかりのあるミュージシャンが大活躍した時期をとらえ、インタヒューや周辺取材などで、その魅力と秘密を探った。

★かみがた笑店街 (2001~2003)

*お笑いブームが続く中でも、常に改革を忘れない本場大阪のお笑い界の神髄を週1回連載のかたちで紹介。吉本や松竹を中心に漫才、落語、演芸などオールジャンルで活写した。

★宝塚Top&Top (2002)

*2001~02年当時の宝塚歌劇団の5組のトップ10人と専科の轟悠の計11人に連続インタビュー。創立100周年まで10年となったタカラヅカの今と未来について語ってもらった。

 

連載企画など②

★達の記 仲代達矢が語る代表作の数々 (2012~ )

*舞台、映画、テレビの各ジャンルで多くの代表作を持つ名優仲代達矢氏に、その作品にまつわる秘話や監督、共演者とのともに命を燃やした創造の日々を毎月1本ずつ自ら語ってもらう連載企画。俳優仲代達矢の魂の記録であるとともに、日本の芸能史そのものでもある。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。現在も続行中。

★劇・織・人 新鋭劇作家不連続インタビュー (2010)

*1980~90年代の演劇ブームの再来とは言えないまでも、いま演劇界は若手のクリエーターが次々と誕生して、新しい時代を創造しつつあり、ちょっとした熱を帯びている。特に劇作家に収穫が多く、彼らの新しい感性や社会へのまなざしは注目に値する。そこで、活躍の著しい本谷有希子、蓬莱竜太、三浦大輔、上田誠ら若手劇作家7人に焦点を当てて、不定期、不連続でインタビューを試みた。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★はじけていくで (2001~2002)

*矢井田瞳、aiko、コブクロなど、JPOPシーンの中で関西出身や関西にゆかりのあるミュージシャンが大活躍した時期をとらえ、インタヒューや周辺取材などで、その魅力と秘密を探った。

★かみがた笑店街 (2001~2003)

*お笑いブームが続く中でも、常に改革を忘れない本場大阪のお笑い界の神髄を週1回連載のかたちで紹介。吉本や松竹を中心に漫才、落語、演芸などオールジャンルで活写した。

★宝塚Top&Top (2002)

*2001~02年当時の宝塚歌劇団の5組のトップ10人と専科の轟悠の計11人に連続インタビュー。創立100周年まで10年となったタカラヅカの今と未来について語ってもらった。

 

連載企画など③

★未来への自画像 (2002~2003)

*茶髪、携帯ルール、ネットの中の悪意蔓延、核シェルターのバカ売れ、陰陽師ブーム、道頓堀ダイブ、昭和回帰…。未来の人に今はどんな時代だと言えるのだろうか。そのさまざまな現象の実像を自画像のように文章で描き、気鋭の学舎、批評家とともにその深い意味合いを考えてみた学芸企画。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★ASIA脈流~MANGAの日韓~ (2006)

*韓国の美大を卒業し日本で漫画を学んだ韓国人女性が日本の少女漫画誌でデビューする一方、店頭ポップ広告などで知られる日本式の漫画販売を極めた日本人カリスマ店員が韓国の出版社系書店にスカウトされ、韓国に渡るなど、クールジャパンの先頭を走る漫画は、日韓の間では既に次の段階に進んでいる。実態を現地取材してリポートした。

★地球という名の故郷へ (2009)

*野田秀樹の舞台「ハイパー」で共演する松たか子と宮沢りえが、戯曲のテーマである火星移住者の日々に思いをはせながら、宇宙や演劇について自由奔放に語り合った。

★三谷幸喜生誕50年 (2011)

*50歳になる年を記念して、舞台、テレビドラマ、映画、小説(実際は翌年発刊)など7つの新作を書き下ろした劇作家・演出家の三谷幸喜を特集。三谷本人へのロングインタビューの他、演劇仲間らに取材し、三谷幸喜の実像に迫った。

 

連載企画など③

★未来への自画像 (2002~2003)

*茶髪、携帯ルール、ネットの中の悪意蔓延、核シェルターのバカ売れ、陰陽師ブーム、道頓堀ダイブ、昭和回帰…。未来の人に今はどんな時代だと言えるのだろうか。そのさまざまな現象の実像を自画像のように文章で描き、気鋭の学舎、批評家とともにその深い意味合いを考えてみた学芸企画。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★ASIA脈流~MANGAの日韓~ (2006)

*韓国の美大を卒業し日本で漫画を学んだ韓国人女性が日本の少女漫画誌でデビューする一方、店頭ポップ広告などで知られる日本式の漫画販売を極めた日本人カリスマ店員が韓国の出版社系書店にスカウトされ、韓国に渡るなど、クールジャパンの先頭を走る漫画は、日韓の間では既に次の段階に進んでいる。実態を現地取材してリポートした。

★地球という名の故郷へ (2009)

*野田秀樹の舞台「ハイパー」で共演する松たか子と宮沢りえが、戯曲のテーマである火星移住者の日々に思いをはせながら、宇宙や演劇について自由奔放に語り合った。

★三谷幸喜生誕50年 (2011)

*50歳になる年を記念して、舞台、テレビドラマ、映画、小説(実際は翌年発刊)など7つの新作を書き下ろした劇作家・演出家の三谷幸喜を特集。三谷本人へのロングインタビューの他、演劇仲間らに取材し、三谷幸喜の実像に迫った。

 

連載企画など③

★未来への自画像 (2002~2003)

*茶髪、携帯ルール、ネットの中の悪意蔓延、核シェルターのバカ売れ、陰陽師ブーム、道頓堀ダイブ、昭和回帰…。未来の人に今はどんな時代だと言えるのだろうか。そのさまざまな現象の実像を自画像のように文章で描き、気鋭の学舎、批評家とともにその深い意味合いを考えてみた学芸企画。共同通信から全国約50の新聞社に配信した。

★ASIA脈流~MANGAの日韓~ (2006)

*韓国の美大を卒業し日本で漫画を学んだ韓国人女性が日本の少女漫画誌でデビューする一方、店頭ポップ広告などで知られる日本式の漫画販売を極めた日本人カリスマ店員が韓国の出版社系書店にスカウトされ、韓国に渡るなど、クールジャパンの先頭を走る漫画は、日韓の間では既に次の段階に進んでいる。実態を現地取材してリポートした。

★地球という名の故郷へ (2009)

*野田秀樹の舞台「ハイパー」で共演する松たか子と宮沢りえが、戯曲のテーマである火星移住者の日々に思いをはせながら、宇宙や演劇について自由奔放に語り合った。

★三谷幸喜生誕50年 (2011)

*50歳になる年を記念して、舞台、テレビドラマ、映画、小説(実際は翌年発刊)など7つの新作を書き下ろした劇作家・演出家の三谷幸喜を特集。三谷本人へのロングインタビューの他、演劇仲間らに取材し、三谷幸喜の実像に迫った。

 

連載企画など④

===これよりは、企画・編集のみ===

★西村由紀江のピアノライフ (2001~03)

*大阪出身のピアニスト&作曲家の西村由紀江が、ピアニストの真実や音楽創造のひみつをエッセイのかたちでビビッドに綴った。毎回、その回のテーマに応じた4~8小節程度のミニメロディーを作曲してもらい、文章、写真とともに楽譜を掲載。音楽は共同通信のホームページで一定期間聴くことができることとした。メディアミックス企画としては当時の新聞界では先進的な試みであったため、各方面から注目された。

★辻真先のアニメクロニクル (2008)

*アニメの脚本家として「ジャングル大帝」「巨人の星」「鉄腕アトム」「サイボーグ009」「アタックNo.1」などに関わった辻真先氏が、原作漫画のストーリーだけではアニメが成立しなかったため多くのオリジナルストーリーを生み出したという秘話や、世界をリードする日本アニメの現在・過去・未来を鋭く語る人気聞き書きシリーズ。

★お散歩したいね (2007)

*「こむぎ日和」などで知られる人気漫画家の芳成香名子が、愛犬のこむぎとのほほえましくてちょっと切ない日々を描き下ろしイラストとともに綴るペットエッセイ。こむぎのかわいらしさが話題に。

連載企画など④

===これよりは、企画・編集のみ===

★西村由紀江のピアノライフ (2001~03)

*大阪出身のピアニスト&作曲家の西村由紀江が、ピアニストの真実や音楽創造のひみつをエッセイのかたちでビビッドに綴った。毎回、その回のテーマに応じた4~8小節程度のミニメロディーを作曲してもらい、文章、写真とともに楽譜を掲載。音楽は共同通信のホームページで一定期間聴くことができることとした。メディアミックス企画としては当時の新聞界では先進的な試みであったため、各方面から注目された。

★辻真先のアニメクロニクル (2008)

*アニメの脚本家として「ジャングル大帝」「巨人の星」「鉄腕アトム」「サイボーグ009」「アタックNo.1」などに関わった辻真先氏が、原作漫画のストーリーだけではアニメが成立しなかったため多くのオリジナルストーリーを生み出したという秘話や、世界をリードする日本アニメの現在・過去・未来を鋭く語る人気聞き書きシリーズ。

★お散歩したいね (2007)

*「こむぎ日和」などで知られる人気漫画家の芳成香名子が、愛犬のこむぎとのほほえましくてちょっと切ない日々を描き下ろしイラストとともに綴るペットエッセイ。こむぎのかわいらしさが話題に。

連載企画など④

===これよりは、企画・編集のみ===

★西村由紀江のピアノライフ (2001~03)

*大阪出身のピアニスト&作曲家の西村由紀江が、ピアニストの真実や音楽創造のひみつをエッセイのかたちでビビッドに綴った。毎回、その回のテーマに応じた4~8小節程度のミニメロディーを作曲してもらい、文章、写真とともに楽譜を掲載。音楽は共同通信のホームページで一定期間聴くことができることとした。メディアミックス企画としては当時の新聞界では先進的な試みであったため、各方面から注目された。

★辻真先のアニメクロニクル (2008)

*アニメの脚本家として「ジャングル大帝」「巨人の星」「鉄腕アトム」「サイボーグ009」「アタックNo.1」などに関わった辻真先氏が、原作漫画のストーリーだけではアニメが成立しなかったため多くのオリジナルストーリーを生み出したという秘話や、世界をリードする日本アニメの現在・過去・未来を鋭く語る人気聞き書きシリーズ。

★お散歩したいね (2007)

*「こむぎ日和」などで知られる人気漫画家の芳成香名子が、愛犬のこむぎとのほほえましくてちょっと切ない日々を描き下ろしイラストとともに綴るペットエッセイ。こむぎのかわいらしさが話題に。

PORTFOLIO①=インタビュー

過去に取材・執筆したインタビュー記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

 

PORTFOLIO①=インタビュー

過去に取材・執筆したインタビュー記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

 

PORTFOLIO①=インタビュー

過去に取材・執筆したインタビュー記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

 

PORTFOLIO②=批評

過去に取材・執筆した批評記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると、拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。なお批評に関してはエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」で、最新のものを連載していますので、そちらもご覧ください。アドレスは blog.livedoor.jp/andyhouse777 です。

PORTFOLIO②=批評

過去に取材・執筆した批評記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると、拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。なお批評に関してはエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」で、最新のものを連載していますので、そちらもご覧ください。アドレスは blog.livedoor.jp/andyhouse777 です。

PORTFOLIO②=批評

過去に取材・執筆した批評記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると、拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。なお批評に関してはエンタメ批評&応援ブログ「SEVEN HEARTS」で、最新のものを連載していますので、そちらもご覧ください。アドレスは blog.livedoor.jp/andyhouse777 です。

PORTFOLIO③=特集・分析

過去に取材・執筆した特集記事、分析記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO③=特集・分析

過去に取材・執筆した特集記事、分析記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO③=特集・分析

過去に取材・執筆した特集記事、分析記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO④=連載企画

過去に取材・執筆した連載企画のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが参考になさってください。

PORTFOLIO④=連載企画

過去に取材・執筆した連載企画のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが参考になさってください。

PORTFOLIO④=連載企画

過去に取材・執筆した連載企画のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが参考になさってください。

PORTFOLIO⑤=記事・News

過去に取材・執筆した一般ニュース記事、訃報のサイド記事などのポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑤=記事・News

過去に取材・執筆した一般ニュース記事、訃報のサイド記事などのポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑤=記事・News

過去に取材・執筆した一般ニュース記事、訃報のサイド記事などのポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑥=グラビアプロデュース

過去にプロデュースした女優・歌手などの特別グラビアページのポートフォリオです。ほとんどの場合、取材、執筆を兼ねています。記事上で左クリックすれば拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑥=グラビアプロデュース

過去にプロデュースした女優・歌手などの特別グラビアページのポートフォリオです。ほとんどの場合、取材、執筆を兼ねています。記事上で左クリックすれば拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑥=グラビアプロデュース

過去にプロデュースした女優・歌手などの特別グラビアページのポートフォリオです。ほとんどの場合、取材、執筆を兼ねています。記事上で左クリックすれば拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑦=旅ルポ、その他

過去に取材・執筆した旅ルポなどその他記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑦=旅ルポ、その他

過去に取材・執筆した旅ルポなどその他記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

PORTFOLIO⑦=旅ルポ、その他

過去に取材・執筆した旅ルポなどその他記事のポートフォリオです。記事上で左クリックすると拡大されます。ほんの一部ですが、参考になさってください。

 ありがとうございました

  ご連絡お待ちしております

 ありがとうございました

  ご連絡お待ちしております

 ありがとうございました

  ご連絡お待ちしております

KIYOKAZU SAKA

      OFFICIAL PROFILE WEBSITE

KIYOKAZU SAKA

      OFFICIAL PROFILE WEBSITE

KIYOKAZU SAKA

      OFFICIAL PROFILE WEBSITE

KIYOKAZU SAKA

     OFFICIAL PROFILE WEBSITE

KIYOKAZU SAKA

     OFFICIAL PROFILE WEBSITE

KIYOKAZU SAKA

     OFFICIAL PROFILE WEBSITE

エンタメ批評 / インタビュアー / ライター / ジャーナリスト / ブロガー / MC 

( MOVIE  STAGE-PLAY  DORAMA  MUSIC  COMIC  Modern-ART  WebLIFE )

エンタメ批評 / インタビュアー / ライター / ジャーナリスト / ブロガー / MC 

( MOVIE  STAGE-PLAY  DORAMA  MUSIC  COMIC  Modern-ART  WebLIFE )

エンタメ批評 / インタビュアー / ライター / ジャーナリスト / ブロガー / MC 

( MOVIE  STAGE-PLAY  DORAMA  MUSIC  COMIC  Modern-ART  WebLIFE )